スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シーニックナイト2009

2月21日(土)に「シーニックバイウェイ 北海道支笏洞爺ニセコルート シーニックナイト2009」が
開催されました。
これは北国の凍てつく星空の下、無数の灯りで雪の道と人の心をつなごうと、
支笏・洞爺・ニセコ管内の市町村が一斉にキャンドルに火を灯す企画です。
このイベントに赤井川村からも村、地域住民、民間業者が協力し、
道道余市赤井川線、国道393号の沿線を暖かい光で彩ってくれました。

2009022101
イベントには地域の子どもたちも参加してくれました。

2009022102

2009022103
都小学校付近の様子

2009022104

2009022105
道道余市赤井川線・国道393号交点付近

2009022106
おまけ(投稿者も作ってみましたw)

 投稿者 会員No.01

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

シーニックバイウェイ北海道の取り組みは、図書館で本を借りて読んだことがあります。
単に観光開発をするのではなく、生活のうつくしさ、そこに暮らす人々の営みとその営みと自然が作り出すうつくしい風景を、大切にしつつ、そんな風景に出会えるルートとして、シーニックバイウェイ(うつくしき風景の田舎道*樹生訳)の活動があり、それは地域づくり、地域同士が手をつないでいく活動のひとつでもある…。
そんなことが書いてあったように記憶しています。

素敵なイベントですね。
その日その時間に全線走破したら、すごい醍醐味を感じるかもしれませんが、ここはむしろ、見えない山の向こうでも、今、同じ思いで灯を灯している人がいる…と感じながら自分たちの灯りを見るのが
一番素敵なのかもしれませんね。

長々と失礼しました。赤井川、やっぱりいいですね!

樹生和人さんへ

いつもご覧いただき、また赤井川村をPRしていただきありがとうございます。

>ここはむしろ、見えない山の向こうでも、今、
>同じ思いで灯を灯している人がいる…と感じながら
>自分たちの灯りを見るのが一番素敵なのかもしれませんね。
 実際に作業をしているとそれだけでいっぱいいっぱいになり、
 考える余裕はなかったのですが、
 そういう考えを持って参加できるとなおいいですね。
 来年以降は後志の中で同じ気持ちで参加している人が
 たくさんいることを考えながら作業したいと思います。
プロフィール

akaigawa

Author:akaigawa
「日本で最も美しい村」連合に加盟している北海道赤井川村のブログです。有志数名が「赤井川村のいま」をお伝えします。このブログは、2008年9月8日より赤井川村公式HPの「むらのできごと」を兼ねることとなりました。現在このブログに投稿していただける村内在住の「記者」を募集しています。希望される方はkikaku1@akaigawa.comへメールでご連絡願います。

Twitter
 
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。